未使用車を買う

未使用車ってどんな車のこと、ほんとうに新車と比べてお得なの?お得な未使用車の探し方は? メリット・デメリット?未使用車の疑問を一気に解決する、未使用車専門ガイド、欲しい未使用車探しのお手伝いをする、未使用車解説サイトです。
 

未使用車はどんな車?

未使用車とは、一言でいうと「ナンバーを取得したけど道路を走っていない車」のこと。

ナンバーを取得した車は、法的には全て「中古車」になります、ところが、未使用車は道路を走行していない車なので、その品質は新車とかわりません、極端に程度が良い中古車といってもよいでしょう。

未使用車は、新車よりも安く、メーカーの品質保証もタップリ残っている(保証継承をした場合)ので、購入後に万が一のトラブルがあっても大丈夫、新車のような感覚で購入できる車です。

未使用車は新車と同じ「安心して長く乗れる」「お得な車」です。

m-misiyou

 

未使用車の種類

未使用車は、これから車を買う人にとってもおススメな車になりますが、車業界には「未使用車」についての明確な定義はありません、「未使用車の定義はお店によって違う事もある」ということです。

また、未使用車の中には試乗車展示車未使用車に似ている在庫車という車があってちょっとわかりにくいです、それぞれの車の特徴を説明してみます。

 

試乗車 ⇒ 沢山の人が運転

未使用車は道路を走っていない車ですが、試乗車はその名のとおり、車の試乗を目的とした車両です、とうぜん道路を沢山の人が運転していますから、未使用車ではありません。

どのくらいの人が試乗したかはお店の規模や車にもよりますが、少なくても数百人単位の人が運転したのは間違いないはずで、走行距離も数千キロか1万キロを超えてしまっている場合もあるでしょう、これだけ走行していると完全な中古車の扱いで未使用車ではありません。

ただ、車のコンディションは、「試乗車=常にベスト走行できる状態」となっていることが多いので、コンディションが保たれている状態の良い車が多いです。

状態は良い車ですが、数百人の人が運転した車なので「人が乗った車は嫌だ」という人にはお勧めできません、それに販売されるときは、ナンバーを付けてから何か月も経過していますから、車検も保証期間もそのぶん短くなっています、走行距離もそれなりに在ります、新車価格を100%とするなら70%以下くらいでないと安いとは言えませんね。

試乗は価格は安いが普通の中古車です「未使車」ではありません。

試乗車を上手く使ってチェックする

 

展示車 ⇒ 見本の車

展示車は試乗車と違い、道路を走っていることは、まずないのでコンディションは新車と同じです。

もっともショールームにある車は見せるための車なので、一日数人から、通常のイベント時は数十人の人が、大規模なイベントだと3桁にオーバーの人が「見て、触って、座って」という状態です。

1ヵ月300人以上、3か月だと1,000人近い人の手に触れたり座ったりしているかもしれません、こういった事が気になる人には、たとえ未使用車でも展示車だった車はオススメできないです。

それから、新車ディーラーの場合は「展示車=新車」という考えなので、商談では値引き交渉もしっかりしないと、思ったよりも安くならないのが実情です。

また、展示車にあえてナンバーつけて「未使用車にして売る」という事もありますから、ショールムに展示してあった車ですから、走行距離は未使用車とかわりません、こういった経緯がないか?特に新車ディラーで販売する未使用車の時に気を付けたいポイントです。

展示車は、未使用車になるが沢山の人が触れている事が多い

1462519032750

 

在庫車 ⇒ 倉庫にある売れる新車

在庫車は、ディーラーが「この車ならすぐ売れるだろう」と考えて、店の倉庫に置いてある車です。

新車は注文⇒生産⇒納車まで1~2か月かかりますから、「車がすぐに必要」という人には対応出来ません、特に人気車の場合、イベントや展示会の後は必ずメーカーに注文が殺到してしまうので、当初予定して納期が一気に遅くなってしまうことがあります。

納期が遅くなると、メーカーとの販売目標台数(協定台数)の達成に影響します、そのため新車ディラーでは「売れそうな車は常に一定台数用意しておく」こういった車のことを在庫車と呼ぶわけです。

在庫車は、走行はもちろん、人目につかないところに保管してあるので、他人が触れることもありません、ただメーカーから車が来て「数カ月倉庫に置きっぱなし」という車もありますので「作りたてにこだわる」という人は、ちょっと気を付けたいポイントですね。

在庫車はキズや汚れ防止のフィルムが貼られていて、売れるまではこのままの状態が多いです。

在庫車を未使用車にした場合は「未使用車」扱いです

m-zaikosya

未使用車 ⇒ ナンバーはあるが展示されたことがない

未使用車は、新車にナンバーを付けただけの車で過去展示されたことがないというのが大事な要素だと思います。

先にも言いましたが、展示車は沢山の人に「見られ、触れられ、座られ、ハンドルを握られ、アクセル・ブレーキを踏まれ…」といった具合に、他人の手が触っていないところがないくらい触れられているからです。

沢山の人が触っているわけで走行していない車だとはいってもね…

こういった展示されたことがある車は、新車ディラーでナンバーをつけて「未使用車」にして売りに出しています、売れないとオークションや地元の中古車店に声を掛けたりすることが多いので、常にこういう未使用車が発生して中古車店などに流れていいます。

最近多い未使用車専門店では、上のような展示車から未使用車になったという車は少ないです。

 

未使用車専門店はなぜあるの?

未使用車がなぜあるのか?よく考えるとおかしな話です、新車をあえて「中古車」にして売っているのですから。

その理由は、以前はディラーがメーカーとの販売台数の約束を果たすために、自社名義でナンバーを取得した車が多かったのですが、それがさらに進んで新車ディラーが未使用車専門店へ販売して未使用車専門店名義でナンバーを取得する車が多くなったからです、平たく言うと新車をあえて中古車にして売っているといえるでしょう。

今、未使用車専門店で販売している車の多くはこういった車です。

未使用車専門店では、新車ディーラーに「新車をマトメて50台買うから安く売ってくれ」という依頼を出して、ディーラーから車両を安く買い、それをお店に並べて「未使用車として安く販売」しているわけですね。

新車ディラーも、たった1回の商談で「数十台が一度に売れる」わけで、未使用車専門店と値段さえ合えば手間が掛からずとても楽な商売です、メーカーと約束した一年間の販売台数を達成するのにも効果的な方法なので、この手法を積極的に採用して販売しているディラーも少なくありません。

新車ディラーの目標達成のために、大量の未使用車が発生し、それを専門に扱うお店が出てきたわけです。

 

gon-mokuhyou

kensaku

プロも実践、未使用車はネットで探す

無料で専門家に探してもらう確実な方法




2016/07/27